忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 拍手する
| | 【2017/06/23 05:31 】 TOP▲
MTV『Michael Jackson CHANGES HISTORY』、1995年。
アルバム『ヒストリー』の時期に放送された30分の特別番組、『Michael Jackson CHANGES HISTORY』です。ショート・フィルムのコラージュや、参加アーティストたちのインタビュー、マイケル本人へのインタビューで構成されていて、ラストは『You Are Not Alone』のクリップのプレミアです。

続きを読む
 >> 続きを読む >>



【マイケルのインタビュー部分抜粋】

Bill Bellamy(MTV): あなた、ジャネット、そしてそのビデオ(『スクリーム』)がMVA11部門(史上最多)にノミネートされて、この10年間そういうことはなかったのですが、どんな気分?

Michael: とても光栄、きっとジャネットも同じだと思うよ。僕らは一生懸命これを作ってきたから、成果が得られることは素晴らしい達成感だよ。すごく幸せ。

──ジャネット・ジャクソンのインタビュー。

Bill Bellamy: 素晴らしい。ビデオを見たんだけど、すごいエネルギーだね。あなたたちはまるで電気仕掛けみたいで。一緒に仕事をして、ダンスや色々やってみて、どうだった?

Michael: グレイトだったよ、僕らはダンスが大好きだし、妹と踊っていると昔を思い出したよ、遊んだりふざけたりものを投げたりしたからね、楽しかったよ。「メイキング」は本編を見るのと同じくらい楽しいね(笑)。

Bill Bellamy: 僕たちファンのためにもう1本ビデオを作ってくれなくちゃ。僕らは大好きなんだから。

Michael: ありがとう。

──『スクリーム』クリップ。

Bill Bellamy: あなたのビデオを見ると、どれも革新的で、常に最先端を行っている。ビデオの制作過程には、あなたはどのくらい関わっているの?

Michael: すごく。僕はよくコンセプトを思いつくし、コラボレートするのが好きだから。これ(『スクリーム』)は、僕がコンセプトを決めたんじゃなくて、ディレクトリに従って作られたんだけど、僕はコンセプトを決めたり振り付けしたりするのが好きなんだ。でも、いつもすべて、共同の努力なんだよ。

Bill Bellamy: あなたのビデオすべてを振り返ってみると、マイケル・ジャクソンのお気に入りビデオは何?

Michael: 僕のお気に入り?たぶん、『スリラー』とか『スムース・クリミナル』とかそのあたりかな、ラフ・エッジの。僕たちはもっとその手のやつをやろうと思っているんだ。

Bill Bellamy: ああいうものをもっとやるつもり?

Michael: うん。

──『They Don't Care About Us』の歌詞(修正版)が紹介される。当時、元の歌詞の一部の言葉に批判があり、ちょっとした騒動になっていたため。



Bill Bellamy: マイケル、あなたは自分の作品を自らプロデュースするアーティストとして知られているけど、他の人とのコラボレートもたくさんやっているよね。一緒に仕事したい相手はどうやって選んでいるの?

Michael: うーん・・・僕はほとんど、誰とやりたいかは自分ではアーティストを指名しないんだ。自然のなりゆきに任せるというかね。僕が面白いと思う何かを彼らが出して、それで僕らはコラボレートする、という感じ。

Bill Bellamy: まだ一緒に仕事をしたことのない人で、誰と一緒に仕事をしてみたい?

Michael: それはおそらく、チャイコフスキーかクロード・ドビュッシーのような人、もうここにはいないアーティストだね。

Bill Bellamy: 『ヒストリー』でコラボレートした人たちには、どんな人が?

Michael: R. ケリーと仕事した。ノトーリアスB.I.G.、ボーイズ・II・メン。素晴らしい人だよ。

──ボーイズIIメンのインタビュー。

Bill Bellamy: シャキール・オニールが言っていたんだけど・・・

Michael: そう!シャキール・オニールもね!彼はグレイトだよ。

Bill Bellamy: 彼は本当にナーバスだったんだって。彼は信じられなくて、叫びたかったと言っていたよ。

──シャキール・オニールのインタビュー。

Michael: (笑)彼はグレイトだったよ。

Bill Bellamy: じゃあ、すごく楽しんだんだね。

Michael: そうだよ。

Bill Bellamy: この新しいビデオ(『You Are Not Alone』)では、曲はR. ケリーの作曲・プロデュースだね。どんなふうだった?

Michael: これは彼が出してきた曲で、僕は気に入ったんだ。

──R. ケリーのインタビュー。

Michael: 実際は、僕たちは一緒にプロデュースしたんだ。ホントにワンダフルな曲だよ、彼はワンダフルなアーティストだ。

Bill Bellamy: 本当に美しい曲だね。つまり、僕は初めて聴いてすぐに気に入ったよ。あなたがこれを聴いた時も同じようなインパクトだったのかな?

Michael: あー、うん──僕には、僕はいつも2度聴かなくちゃいけないんだ。

Bill Bellamy: 2回?(笑)

Michael: 僕は気にいるとしても、もう1回聴きたいんだ。でも、それは気に入ったよ。

──R. ケリーのインタビューに続き、『You Are Not Alone』のプレミア放送。
【END】
 拍手する
| TV番組 | コメント(0) | トラックバック(0) | 【1995/07/26 18:31 】 TOP▲
1995年インタビュー、すんごいリズムに注目!I'm so shy...ホーム雑誌『EBONY』、1994年10月号。どんなプロポーズを?
コメント

コメントの投稿









上の入力事項はすべて公開されます。公開したくない場合は空欄のまま送信して下さい。
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字





コメントありがとうございます。あなた自身の言葉を歓迎します。人から聞いた話や、自分の意見でない場合のコメントには、今一度、あなた自身が責任を持てるかどうか考えてみて下さい。根拠なきあやふやな情報や、関連のない宣伝等の書き込みは削除される場合があります。非公開でコメントを送りたい場合は、メールはコチラからメールフォームからどうぞ。

トラックバック
トラックバックURL : 
前ページホーム次ページ