忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 拍手する
| | 【2017/11/23 21:58 】 TOP▲
1983年、噴水インタビュー。MJ、ルイ、ラトーヤ。Part.3
Part.3 ラトーヤ姉さん登場。このパートでは、マイケルがラトーヤをインタビューするような形からスタート。歌のコーナーもあり楽しそうです。弟は自分でちゃちゃっと仕切って一足早く退散、後半はラトーヤ姉さんがぐいっと前に出て自己PRしてます。


削除・リンク切れにより動画が見られない場合は・・・

──これまでの会話の流れを説明するマイケル。

Michael 「僕の生活やなんか話してたんだけどさ・・・(口元をいじっている)」
La Toya 「そこよ。なぁに、それ?」
Michael 「(笑)わかんない。まぁいいや。それで・・・(ラトーヤ、弟の顔を突っつく)ノー。──夕暮れ、魔法、夜明けとかの話なんだけど──(インタビューアーに)ちょっと静かにしてくれる、まぬけ野郎」

(注・・・会話を仕切ろうとしていたマイケル25歳、出だしからお姉さんに子どものようにあしらわれ、インタビューアーがそれを見て思わず笑っている声が聞こえます。それでマイケルにしては超珍しく、少しイラッとした様子で「Will you be quiet, you fathead rascal.」(静かにできないかな、このまぬけ野郎)と言っています。普段は乱暴な言葉を口にしないマイケルなので、これはなかなかレアな場面だと思います。お姉さんも一瞬ビックリしたような顔で小声で「オゥ・・・」とビビリ笑いを漏らしています。)
続きを読む
 >> 続きを読む >>



──お姉さんの前でちょっとだけいきがってみたマイケル、気を取り直してラトーヤのひざをポンポンとする。

Michael 「何にインスパイアされる?」
La Toya 「音楽的にってこと?」
Michael 「何でも。つまり、何か創作するのに、音楽でも、何が気持ちをグッドにする?」
La Toya 「そうね。浜辺で聞く波の音かしら。海の音が全部違うのを聞いてると、神が創られたもの、っていう気がして、音楽的にインスパイアされるわね」
Michael 「さっきちょうどその話をしてたんだ」
La Toya 「あら本当?」
Michael 「そう、僕も同じようなことを言ってたんだよ」
La Toya 「冗談でしょ」
Michael 「何の冗談さ?」

Michael 「で、将来の目標はどんなふうになりたいの?」
La Toya 「私の目標はマルチなパフォーマー。バーブラ・ストライサンドやダイアナ・ロスみたいな。実際のところ、演技・音楽の両方を兼ね備えてるのってこの2人くらいじゃない?」
Michael 「たしかに」
La Toya 「もちろん誰だってあなたみたいなスターになりたいに決まってるわ」
Michael 「僕はまだ何もやってなんかいないよ。これからさ。やっと始まったとこだよ」
La Toya 「あなたは何に・・・」

──少し前から自分のインタビュー終了モードなマイケル、ラトーヤが何か言いかけるも、気もそぞろという感じで再びピーター・パンの歌。

Michael 「Dancing on the cloud~♪ Soaring up so high~♪ Watch me now~♪」
La Toya 「ここ寒いわ、マイケル」
Michael 「魔法じゃない!これぜーんぶワンダフルな夜だよ。マジックさ。ホントに寒いの?」
La Toya 「水がかかってるからよ」
Michael 「空気も澄んでるし、ビューティフルだし、ここはワンダフルだよ。そう、それで・・・」
La Toya 「女の子たち可愛いわね」
Michael 「うん、ホント可愛いね。とてもナイス。今夜これをやるのは完璧だよ。こういうのは随分久しぶり。──ともかく、他に何か話したいことある?夢とかさ」
La Toya 「えぇ~。あぁ、夢って、夜見るやつ?」
Michael 「そう」
La Toya 「(マイケルのテキトー過ぎる受け答えに、笑)あなたホントに私が夜に見る怖い夢の話が聞きたいわけ?」
Michael 「違うよ・・・(声色を変えて。何かのモノマネ?)このレディ、おかしくなっちゃってるよ」
La Toya 「(マイケルを指して)今練習してるのよ(笑)」
Michael 「で、姉さんの夢は?」
La Toya 「・・・私はまさに今のあなたのような状態になりたいわよ。それが私の最大の夢だもの」
Michael 「またまた・・・」
La Toya 「だって、あなたはすべて成し遂げて・・・」
Michael 「僕はまだ何もやってないよ・・・(しばらく話はどうどう巡り。)・・・すごい褒め言葉だね、ありがと。──他には何かある?」
La Toya 「もちろん、映画ね。映画をやりたいわ・・・でも・・・」

──マイケル、姉さんの頬を突っつく。完璧に集中力が切れている様子。ラトーヤは気にせず話し続ける。

La Toya 「・・・エンターテインメント映画をやりたいと思うわ。」

──取材チームとは別のカメラか何かが横にいるのか、話しかける。すでにメインのインタビューアーはほとんどインタビューらしい質問をずっとしておらず、この後も雑談が続く。

La Toya 「噴水の音を聴いたり、私のお気に入りの場所よ。」

──画面の外の誰か(取材陣?)に問いかけるマイケルとラトーヤ。

Michael 「ヨーロッパに行ったことある?ナイスだよね。僕も好き」
La Toya 「どこにいたの?」
(返答不明。イングランドのどこそこ・・・と聞こえるような?)
Michael 「オゥ。僕もそう言えたらいいのにな(笑)」
La Toya 「私はドイツが好き」
Michael 「僕、インドー!」
La Toya 「私の気に入りはパリ。・・・あらホントに?」
Michael 「彼女なんて?(「インディアンだって。」)東のインディアン、それともアメリカのインディアン?東のインドね!それが僕の好きなやつだよ。・・・(画面外に問いかける)僕はなに人だい?僕がホントに好きな人種の人たちと言えば?(返答を聞いてご満悦のマイケル)・・・東のインドの人たちはビューティフルだよね。ダークな瞳で、とてもビューティフル・・・」
La Toya 「リオ!ドアを閉めておいてくれる?──ありがとう」

Michael 「さぁて、今日はここで魔法も味わったことだし、そろそろお開きの時間だね。・・・何か歌にしようか?」
La Toya 「そうね、どの歌?」
Michael 「『ジングルベル』!うそ。」
La Toya 「『ネヴァー・キャン・セイ・グッバイ』は?」
Michael 「オーケイ」

──二人でリードを譲り合いながら『ネヴァー・キャン・セイ・グッバイ』(『さよらなは言わないで』)を歌う。

──マイケル、空手風の礼をして退散。ラトーヤ、一人になってカメラに向かって「ちゃんとした感じのテイク」で自己紹介を始める。

La Toya 「ハイ、私のことを知らない皆さん、ラトーヤです。大家族で育ったのよ・・・私の最大のの夢のひとつはいつも、ビートルズに会いたいなってことだったの。彼らはすごくビッグだから。それで、マイケルがポール・マッカートニーと仕事することに決まって、二人は一緒に曲を書いたから。私は『セイ・セイ・セイ』のビデオに彼らと一緒に出てるのよ。・・・私のやっている音楽?えぇと、アルバムを完成させたわ。マイケルのようにうまくいくといいわね。どのアーティストもそう望んでると思うわよ!」
 拍手する
| 発言、インタビュー/音声あり | コメント(5) | トラックバック(0) | 【1983/11/04 16:44 】 TOP▲
1983年、噴水インタビュー。MJ、ルイ、ラトーヤ。Part.2ホームBILLIE JEAN
コメント

PCメンテに邪魔された!


    ミラさん。

  速攻コメをと思いましたら、メンテナンスでam7:00使用
  出来なくなり、朝一で再度チャレンジ中です。
  そうだったのですか。私はマジカルな夜に陶酔している
  解釈していました。疲れてしまったのでしょうか。
  でも、しっかり一喝していましたね。
  チョッと怖いくらいでしたけど、意外性も含めて、こんな
  MJもありかなと思ったりもしました。
  マジカル ビューティフォー ファンタスティックなこの夜を
  説明していても、誰もノッて来ないので、ふてた表情も
  新鮮でしす。
  とても楽しかったです。
  ありがとうございました。

  追記&?:My 口ずさみSong 
          ♪Dancing On A Cloud~  
        題名は『Since Little Clouds』でしょうか?
        ピーターパンの劇中歌と聞いたことがあるので
        すが。
        
| kfwm2── | | 編集 | 【2009/10/06 08:45】 TOP▲
曲名は、『Forever』だと思います。
マイケルが何度も歌っているピーター・パンの歌は、ちょっと謎です。
英語圏のファンなどの間では、タイトルは、『Forever』ということで通っている曲のようです。
ミラも劇中歌か何かだと思っていたのですが、詳しいことはちょっとハッキリしません。アメリカのYahoo!質問掲示板などでも、「あの曲って何?」と話題になっているようですが、タイトル以外の情報がイマイチ・・・少なくとも、ピーター・パンの歌としても、それほど有名な曲ではなさそうです。知ってる方いらっしゃいましたら、教えて下さいね!
| 管理人ミラ | 【2009/10/07 01:47】 TOP▲

可愛いですね♪

youtubeでよく見かけていたキュ-トな
マイケルのインタビュ-♪

実は今まで会話がはっきりわからず眺めていた
のですが(^_^;

ミラさんのおかげで何を話しているかよくわかりました♪

またまた感激です。ありがとうございます。

ラト-ヤとの2ショットも微笑ましくて。素に近い?
マイケル可愛いですね♪
| suzuran☆ | | 編集 | 【2009/10/06 16:32】 TOP▲
可愛いんです・・・
ラトーヤ姉さんが加わる後半部分のマイケルは、特に楽しそう&けっこう油断してる=かなり「素」だと思います><
この二人のこんな「姉弟ノリツッコミ漫談」は、ミラも他に見たことがありません><
いろんな意味で良いムービーが残っていたもんだと思います。

それにしても・・・唐突に歌い出したり「君たちも魔法起こす?」とか聞いてくるイノセント・スターを目の前に、凡人のインタビューアーがちょっとフリーズしてしまっているように見えますが、考えようによってはまぁ、無理もない・・・という気もしますw
しっかし、あれだけ本気でパフォームしているマイケルに、拍手くらいしたんでしょうかねぇ??音が入ってないだけで。
してくれてたことを祈りますw
| 管理人ミラ | 【2009/10/07 02:13】 TOP▲

ミラさん!悲しい!悲しい!

一番好きだった噴水インタビューが削除されてました(泣!)。
もうルイと一緒のマイケルを見ることは出来ないのかな…(T_T)
| yukiakari | | 編集 | 【2010/06/06 00:51】 TOP▲

はじめて観ました★

先月コメントというかボヤいた者です(*^_^*)

ラトーヤとのインタビューはじめて観ました★
(こちらの記事のURLは削除されていたので、youtubeで、
Rare Michael Jackson Interview on Inspiration
と検索したら、ラマを紹介する映像等・・・出てきました)
とても微笑ましいですね!
オンステージとオフステージのギャップに驚きです!

 赤のセーターに赤のパンツの天才的コーディネートのマイケル(って笑ってしまいました)は、追悼本や写真集なんかで、同じセーターを着てるのをよく見かけますね!
 そういえば、マイケルって大変なセレブなのに、「普段着にはあまりこだわらない」って言ってましたよね?とても好感が持てました!
確かに、年代毎に同じような服装を好んで着ていて(自分で買い物に行けないから?)おもしろいですね★
 マイケルのファッション遍歴なんていう記事はありますか?なければ、ミラさん目線でおもしろおかしい記事をお願いします(*^_^*)

| ──05/04 | | 編集 | 【2010/06/11 13:16】 TOP▲

見る事が出来ました…♡

すみません。パソコンの経験がまだ浅くて…。色んな手段があるのですね。お忙しいのに本当にありがとうございました!

あれから、一年ですね。
もうすぐ25日だと思うと、胸が押しつぶされる思いでいます。
| yukiakari | | 編集 | 【2010/06/12 00:59】 TOP▲

コメントの投稿









上の入力事項はすべて公開されます。公開したくない場合は空欄のまま送信して下さい。
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字





コメントありがとうございます。あなた自身の言葉を歓迎します。人から聞いた話や、自分の意見でない場合のコメントには、今一度、あなた自身が責任を持てるかどうか考えてみて下さい。根拠なきあやふやな情報や、関連のない宣伝等の書き込みは削除される場合があります。非公開でコメントを送りたい場合は、メールはコチラからメールフォームからどうぞ。

トラックバック
トラックバックURL : 
前ページホーム次ページ