忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 拍手する
| | 【2017/11/23 22:04 】 TOP▲
I Just Can't Stop Laughing At You!! 1996年インタビュー。
ブログ読者さんから、「これが気になって仕方ありません」というメールを頂きましたので、ご紹介します。インタビュー動画ですが、あえてここでは「小ネタ」カテゴリーに分類させて頂きます!理由は・・・・・・You'll see...!

続きを読む
 >> 続きを読む >>



インタビューの素材映像のようで、これが後に放送されたか否か等はよく分かりません。フィルム途中に「NNNマニラ」と出ますので、日本テレビのマニラ支局、とか、そういう所のものではないかと思います。会話の中で、フィリピンに来た感想などを聞いているので、撮影時期は1996年12月5日~10日頃だと思います(ヒストリー・ツアー中。フィリピン公演は12月8日&10日。その後、13日からの日本公演を控えています。)

こういう言い方はアレですが、インタビューの内容自体は、プロモーションの一環としてのごく当たり障りのない、でもマイケルらしい親切な受け答えの内容です。マイケルはほとんどどの質問にも、「みんな本当に素晴らしい、何度経験しても慣れてしまうなんてことはないんだよ、ワンダフル、アメイジング、ラヴ!」で答えます!(・・・マイク!w)

さて、読者さんは、「4:28頃からのNGテイクの中で、マイケルがなぜ笑っているのか知りたいのです!」という切実な(?)メールを送って下さいました。英語が苦手なのでよく分からない・・・と。結論から言います・・・ただ、ツボにはまって笑っているのです!

マイケルはアーティストらしく喜怒哀楽のアンテナ感度が豊かだったので、これに限らず、インタビュー中などに一気に笑いが止まらない楽しい気分になったかと思うと次の瞬間ドーンと泣きそうな悲しいモードに墜落したり、そういうことはけっこうよくありました。この時も、特に何というわけでもなく、単純にスイッチが入ってしまったのだと思います。でも、ちゃんとシリアスな顔しようと努力している!w

英語圏のファンも、「マイクは何が可笑しかったのかな?コレかな?アレかな?」と推理しているみたいですが、今となってはMJゴーストに聞いてみるしか真相は分かりません>< (でもきっと、「聞かれても僕だってI Don't Knowだよ・・・!」)
たぶん・・・という範囲で、おおまかな流れを書いておきますので、なんとか納得して、明日からはすっきりと夜眠って下さいね!



(YouTube上には、これよりもやや長いバージョンの貼り付け不可の動画があります。会話の内容を簡単に載せておきます)

──フィリピンの熱烈な歓迎について
Michael: 愛を感じるし、そういったことに慣れてしまうということはけっしてないんだ。グレイトだよ。

──ヒストリー・ツアー3ヶ月が経ち、初めて訪れた国も多いと思いますが、印象的な国や出来事は?
Michael: 世界中のファンのみんながアメイジング。慣れてしまうことはない。みんなの愛に感謝してる。素晴らしい気持ちだよ。(何かを見て笑う)

──今回のステージの見所は?
Michael: (ちょっとまいったな風の笑顔)僕たちは一生懸命パフォーマンスする、僕は毎晩ステージ上で自分のすべてを与えるんだ。どのステージも、他と置き換えることは出来ないんだ、つまり、どの場所も、次の場所と同じくらい重要。・・・ファンは誠実で、何千人もね・・・マジックだよ、完全にマジック。慣れっこになるなんてことはない。

──フィルム『ゴースト』について
(質問中、マイケル、スイッチが入っている模様。たぶん、クルーの一人を見て笑っている。気を取り直ししっかり回答。)
Michael: (オーストラリアでのプレミアについて)すごくエキサイティングで、グレイトな気持ちだったよ、ハードに取り組んだ作品だったから。

──日本滞在中、楽しみにしていることは?
Michael: ファンの誠実さ、愛。僕は日本の人々が大好き。とても誠実で、愛情深いよね。

──初来日は『BAD』ですが、その頃と比べて、日本は変わった?
Michael: 日本?テクノロジーの進化にはいつも驚かされる。より小さく、より大きく、ね。子どもたちや赤ちゃんたちはいつもスウィートだと思う。

──最近の国際情勢について
Michael: 世界の情勢は必ずしも良くないけれど、僕は自分の歌の中に、努めてポジティヴなメッセージを込めたい。人々が希望を持って、物事を良くしていけるように。・・・僕は以前『BAD』(悪い)という曲をやったけど、僕の『BAD』は良い意味なんだよ(笑)。

──まもなく赤ちゃん(プリンスくん)の誕生を控えていますが
Michael: 僕の人生の中で大きな出来事になると思う。僕は12人かそれ以上子どもが欲しいと言ってるんだ。子どもたちが大好き。一番インスピレーションを与えてくれる。

──音楽は変わっていく?
Michael: ぜひそうなればいいね。もっと良くなるように。

──最後に、来日を待つ日本のファンにメッセージを。
Michael: コンサートと、愛を感じるのが楽しみです。皆さんに会えるのが待ち切れません。ありがとう。

(ここからNGテイク。)

笑うマイケル。「彼が・・・(笑)」と、クルーまたは通訳の誰かを示しながら笑。その誰か、または何かをずっと眼で追っている様子。

気を取り直して、質問。通訳が話していると、「ピーピロピロピー」と、時計の(?)アラームのメロディが鳴り出す。マイケル、笑。メロディがディズニーの曲であるとか、通訳の人のイントネーションに対して笑っているのでは?とか、画面外のライトか何かを気にしているように見える、という意見など、色々な説あり。(・・・どっちでもいいよ!www)

Michael: すみません(笑)。『ゴースト』への僕の印象?・・・えぇと──トゥリルリル~、これ何なの?時計?

以下、数テイク、続く!
【END】
 拍手する
| 思い出、つぶやき、小ネタ。 | コメント(6) | トラックバック(0) | 【1996/12/10 01:30 】 TOP▲
1997年、バーバラ・ウォルターズによるインタビュー。Part.2ホーム"Mind Is The Magic" Siegfried & Roy with M. Jackson
コメント

ありがとうございました

こんにちは。
はじめてにもかかわらず、
昨日不躾な質問メールをしてしまった者です…
お忙しい中、さっそくご回答くださいまして、
本当にありがとうございました。
ミラ様のブログを拝見し、
マイケルさんの人柄を知る事が出来、
とても嬉しく思っております。
この度は本当にありがとうございました。
これからもブログ楽しませていただきますね。
| ── | | 編集 | 【2009/11/11 16:06】 TOP▲
Thank you so much!! 心のこもったメールをありがとうございました!
こちらこそ。
このブログが、マイケルの歌やダンスやフィルム、彼の作品の素晴らしさがもっと伝わるお手伝いになれば良いと思っています。

彼はホントにアメイジングです!私は小5の時にアルバム『デンジャラス』を手にして以来、今日この日まで、驚かされっぱなしです。当時の『デンジャラス』のアートワークには、写真は1枚も載っていないし、私はマイケルの顔も、ダンスも、「スリラーの人」だということも、「有名な人だ」ということさえも知りませんでした(!)。ただ、シンプルに、1枚のアルバムに、歌声に、歌のメッセージに、完璧にノックアウトされました。彼の作品にはそういう力があるんです。海の彼方の小5を歌1曲でノックアウトする力が!

メール&コメントありがとうございます。みんながあらためてマイケルの作品と彼自身を好きになってくれて、謙虚なマイクが「ほ~らね!」と得意げな表情をにじませている様子が目に浮かびます!
| 管理人ミラ | 【2009/11/12 18:38】 TOP▲

癒されます

ミラ様、はじめまして。mayaと申します。
以前よりこちらのサイトを拝見させていただいています。
いつも素敵な記事をありがとうございます。そして、ミラさんのマイケルへの愛がたくさん詰まったコメントも大好きです!胸にジーンときてしまいます。これからもマイケルに会いにお邪魔させていただきます。
マイケルの笑顔って本当に素敵ですよね。癒されます!! 見ているこっちまで思わず笑顔になってしまいます。

| maya | | 編集 | 【2009/11/11 19:57】 TOP▲
笑わしてくれます、このキング・オブ・ポップは!w
コメントありがとうございます。秘密を言いましょう、マイケルは実は・・・天性の笑いが取れる男なんですよ!

「・・・ぁあっ、マイケル笑ってしまいそうだ!」と思うだけでなんか可笑しいですよねw
疲れたり警戒したりで目が死んでるようなインタビューも多い中で、この時は、なんでしょうね?フィリピンの歓迎ムードが本当に楽しかったのかもしれませんね。

冷静に考えると質問の答えになっていないかもしれない大らかな回答に、あえて下衆に突っ込まないジェントルなインタビューアーにも
| 管理人ミラ | 【2009/11/12 19:01】 TOP▲

本当にうれしいです!

ミラ様

あたたかいコメントありがとうございます。
そして、クロコダイル釣りの映像もありがとうございます。
私は今、本当にうれしくてうれしくてたまりません!
ミラ様のブログも、マイケルさんの人柄も、
見ていると本当にしあわせな気持ちになります。
ミラ様のブログ、一気にすべて見るのがもったいないので、
毎日小出しに拝見させていただいてました(^_^)
神秘的で優しさにあふれたステキなブログですね!
それに、英語に長けていらっしゃっていて、
本当にすばらしいです…
マイケルさんが大好きになってから、
私は中学英語から勉強し直しているんですよ(^_^;)
(1976年生まれ…。)
マイケルさんの言葉を自分のチカラで理解できるようになるべく、
ミラ様目指してがんばります…
では、ミラ様のブログに続き、マイケルさんのDVD(PV)を少し見てから、
眠りにつきたいと思います…
コメントありがとうございました。


| Kin | | 編集 | 【2009/11/14 01:56】 TOP▲
マイケルが好きだときっと自然と英語が上達しますよ!私も勉強中です。
このブログを小出しに読むというのは、本当に本当に、ナイスなアイデアですよ!w
読むのに疲れてウンザリ飽き飽きしてしまったら元も子もないですから・・・
シリアスな内容も多いですし。
><
その点、彼の作品自体は、何度見ても聴いても、ウンザリ知らずですよね。
それを知っていて、「Don't Stop 'Til You Get Enough」だなんて・・・にくいぜマイケル!!

マイケルの歌や語録は、英語教材としても実際に色々なところで活用されているんじゃないかな?
単に有名だから英語の教科書に載っているとか、ただの偶然ではなくて、彼の言葉は意識的に「正しく、美しく」紡がれているから、とても良いレッスンになると思います。私も英語は得意じゃありません、でも、マイケルが歌や会話で「ほにゃほにゃほにゃー、グレイト!」とか言っていたら、何を言ってるのか、全力で知りたくなりません?w
(ちなみに、喋り言葉ではごくまれに唐突に、妙ちきりんな言い回しが飛び出すところがミソですよwww)
| 管理人ミラ | 【2009/11/15 02:35】 TOP▲

I feel so happy !!

ミラ様のブログ、素敵です!! 大好きです!!
本当に見るのがもったいないので、
ちょっとずつ見させていただきます…♪
”MJ求婚される”映像を見たら、
興奮してしまってまだ眠くありません(^_^;)
”Can't Stop Laughing”の笑いのツボの理由をネットで探していて、
偶然ミラ様のブログを見つけた瞬間、恋におちました☆
マイケルさんのCDを聴いたりDVDを見たり、
ミラ様のブログを見たり英語の勉強をしたり、
私の毎日の夢心地な時間です★
…では寝ます。
| Kin | | 編集 | 【2009/11/15 03:44】 TOP▲

無題

何かで見ましたが、まわりをズボンが破れてる人が歩くのが気になって笑いをこらえてるとの事でしたよ(^_^;)
| ── | | 編集 | 【2009/11/22 17:10】 TOP▲

マイケルトリビアありがとうございます。

ワンダフル・アメイジング・ラブ 万能^_^;
またひとつマイケルトリビア頂きました。
ありがとうございます。

どちらにしろマイケルの機嫌のいいのは癒されます。インタビュアーと凌ぎを削るようなのは見ていると消耗しちゃいます。

この映像のマイケルの目。ひらがなの”の”の字に見えて可愛くないですか(笑)

マイケルのインタビューを見ていていつも思うのですが相手が話し出すとスッと真剣な顔になるんですよね。質問をちゃんと聞きとろうとして。それまで笑っていてもインタビューアーが次の質問を始めるとスッと笑いが消えて相手の目をジッと見て。相手の真意を読みとろうとしているような。その時の表情が好きです。
(ちょっと今回むりでしたけど(笑))
| ふみ | | 編集 | 【2010/01/14 00:09】 TOP▲
ちゃんとやらなきゃ終わらないよマイケル!
理由は何であれ、「マイケル・ジャクソンを笑わせ続けたのはこの俺!」と、この動画中の人物は末永く自慢できることでしょうね
動物と子ども以外で、それをやれたのは・・・クリス・タッカーとかプロの連中と、この謎の人物・・・!
| 管理人ミラ | 【2010/01/20 01:37】 TOP▲

コメントの投稿









上の入力事項はすべて公開されます。公開したくない場合は空欄のまま送信して下さい。
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字





コメントありがとうございます。あなた自身の言葉を歓迎します。人から聞いた話や、自分の意見でない場合のコメントには、今一度、あなた自身が責任を持てるかどうか考えてみて下さい。根拠なきあやふやな情報や、関連のない宣伝等の書き込みは削除される場合があります。非公開でコメントを送りたい場合は、メールはコチラからメールフォームからどうぞ。

トラックバック
トラックバックURL : 
前ページホーム次ページ