忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 拍手する
| | 【2017/07/28 01:42 】 TOP▲
2002年、スティーヴ・ハーヴェイとの爆笑電話インタビュー。Part.3
Part.3 「僕は黒人なのが誇りだ。いつか彼らがフェアになって、僕のことを、本当の本当のありのままの僕として伝えてくれればと願ってるよ。」


Steve Harvey: ・・・俺たちはタブロイドを積み上げて燃やし尽くせるよな!

Michael: 良いね。

Shirley/Dominique: あなたってホント凶暴ね。

Michael: やらなくちゃ。やる必要ありだよ。

Steve Harvey: ホントにしなくちゃ、マイク、マジでやろうぜ・・・

Michael: やらなくちゃ。
続きを読む
 >> 続きを読む >>



Steve Harvey: 俺はそこで何人かの野郎たちにわからせてきたのさ、俺は低い所から話してる・・・

Michael: 彼らは正体を隠している。あたかも正当なふうに正体を隠しているというようなものもあって、実はそれもただのタブロイドなんだ、いや、そういうのはもっと悪いよ!

Steve Harvey: あぁ!俺もそういう新聞を2,3読んだよ!

Michael: そう、ああいうのはもっと悪いんだよ

Steve Harvey: あぁ、俺がそう断言する!ヘイ、大衆が君の声を聞くのはグレイトなことだと思うよ、これからもちょくちょくさ、マイク、俺に電話してくれよ。俺の君とのインタビューはいつでもこんな感じさ。このモーニング・ショーは意欲的で、いつも上向きなのさ。俺たちは誰かをぶっ壊したり、愚弄したりするためにここにいるわけじゃないのさ・・・

Michael: ワォ。

Steve Harvey: ・・・俺は100万くらいジョークを持ってるし、他にも何でもできるけど、でも、俺は他人の個人的な生活に夢中にはならないのさ、でもブラザー、君は多くの人々にとって意味があるんだ。

Michael: どうもありがとう。

Steve Harvey: で、俺も君に何か特別なことを言いたいな、だって多くの人が君にこのことを言わないだろ。でも俺は君に言わなきゃいけない、君は黒人の人々にとって意味ある存在なのさ。そうじゃないとか、そうじゃなかったとか、絶対思わないでくれ。

Michael: ワォ!

Steve Harvey: なぜなら君は、この国じゅうの少数派の人たちのために個性を示した。君の音楽やビデオを覚えてるよね。君はそうやって俺たちを感動させた。で、俺は君にあげるよ、これは一人のブラザーからもう一人のブラザーへのものさ、メインストリームのアメリカ人が君にあげられないものだ。それはね、黒人の人々を代表して君がやってきたことさ・・・

Michael: 僕は自分の生来の遺産に誇りがある。

Steve Harvey: 続けて。言いなよ・・・

Michael: 僕は黒人であるのが誇りだし、黒人であるのが光栄なんだ。僕はこう望むよ、いつか彼らがフェアになって、僕のことを、本当の本当のありのままの僕として伝えてほしい。ただ愛情深くて、平和的な男、ワンダフルで誰も見たことのない新しいエンターテインメントを、歌や音楽やフィルムで、世界のために作りたかった人、とね。

Steve Harvey: あぁ。

Michael: 僕がやりたいのはそれだけなんだ。脅しは無し、僕はただそれがしたいんだ。僕がやりたいのはそれだけ、世界に喜びをもたらすこと。

Steve Harvey: 君はそれをやってきたのさ、ずっと長い長い間、そうやってきたのさ・・・
マイケル・ジャクソンとアッシャー
Michael: ありがとう。

Steve Harvey: ・・・シスコ!アッシャー!シャツを着ろ!マイクが戻ったぜ・・・キング・オブ・ポップが戻ったぜ!

Michael: (笑)

Steve Harvey: ・・・シャツを着ろ、髪をビシッと撫でつけろよ・・・

Shirley/Dominique: 彼おかしいわ、マイケル、彼クレイジーよ!(笑)

Steve Harvey: ・・・髪を縛れ、ちゃんと帽子をかぶり直せ・・・キングが帰ってきたんだから!マイケル・ジャクソン、スティーヴ・ハーヴェイ、モーニング・ショー・・・俺たち君にビッグな愛を持ってるぜ。

Michael: 僕はもっと愛してるよ。

Steve Harvey: でかい愛さ、ブラザ、またかけてくれよな。

Michael: みんなに愛を、ありがとう。

Steve Harvey: みんな、みんなの愛を示すのさ、唯一無二のキング・オブ・ポップに・・・

Shirley/Dominique: マイケル・ジャクソン!ワァーーーーーー!

Michael: アイ・ラヴ・ユー。
【END】
 拍手する
| 発言、インタビュー/音声あり | コメント(1) | トラックバック(0) | 【2002/03/08 00:00 】 TOP▲
2002年、スティーヴ・ハーヴェイとの爆笑電話インタビュー。Part.2ホーム2001年、『USA TODAY』紙のインタビュー。Part.1
コメント

はじめまして!

素敵なサイトを見つけてしまいました♪
カラフルで楽しいし♪

他のサイトでこのインタビューを知りましたが、全部聴けて&翻訳もされてるのがとっても嬉しいです。どうもありがとうございます!

ミラさんのマイケルへの愛をたっくさん感じます。
これからもちょくちょくお邪魔したいです。
| sajida | | 編集 | 【2010/02/13 00:31】 TOP▲
Thank you !!
はじめまして、コメントありがとうございます
楽しんでね!
マイケルには、孔雀の羽とか宇宙のハーモニーみたいにカラフルなサイトが良いかなと思って、にぎやかな感じを目指してます
そこにまた、皆さんの彩りを添えていってくださいね!
| 管理人ミラ | 【2010/02/26 18:40】 TOP▲

コメントの投稿









上の入力事項はすべて公開されます。公開したくない場合は空欄のまま送信して下さい。
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字





コメントありがとうございます。あなた自身の言葉を歓迎します。人から聞いた話や、自分の意見でない場合のコメントには、今一度、あなた自身が責任を持てるかどうか考えてみて下さい。根拠なきあやふやな情報や、関連のない宣伝等の書き込みは削除される場合があります。非公開でコメントを送りたい場合は、メールはコチラからメールフォームからどうぞ。

トラックバック
トラックバックURL : 
前ページホーム次ページ