忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 拍手する
| | 【2017/06/23 05:26 】 TOP▲
WHO IS IT ~マキシシングル図鑑~
先述の通り、『WHO IS IT』のマキシシングルは、大きく分けて、「ジャケ写白黒の欧州・日本盤タイプ」と、「ジャケ写カラーのオプラ入りアメリカ盤」の2種類。
続きを読む
 >> 続きを読む >>



この曲は、後に『ULTIMATE COLLECTION』にもリミックスが収録されるなど、リミックスのクオリティが高く、哀愁ロックなオリジナルもさることながら、意外とフロア向けミックスとの相性もピッタリでした。また、いくつかのリミックスには、オリジナルの楽曲中には登場しないマイケルのヴォーカル素材が使われています。



ヨーロッパ方面では、7mmの厚さのスリム・ケースに入った「マキシ・シングル」として、こちらの盤が登場。

オーストリア盤(UK・ヨーロッパで流通)
Michael Jackson WHO IS IT
( 5099765817959 / カタログNo. 658179 5 )
1992年6月リリース
定価 ?

1. WHO IS IT [the Most Patient Mix] (7:44)
2. WHO IS IT [IHS Mix] (7:58)
3. DON'T STOP 'TIL YOU GET ENOUGH [Roger's Underground Solution] (6:22)

オススメ指数
収録内容充実度・・・★★★★
ジャケ買い度・・・★★★★★ ファン雑誌での人気投票、堂々の第1位!
レア度・・・★★★☆☆
価格・・・やや高めで推移、でもこの曲のシングルの中では最も安く容易に入手できる。新品に近い良品の流通が、定価よりちょい上、くらいから。
総合点・・・★★★★ 悶々と孤独に苦悩する夜はこの曲に決まり。

WHO IS IT ~マキシシングル図鑑~

オリジナルのバージョンは入っていなくて、「リミックス2トラック」+「カップリング1曲」という3トラック盤。ボリュームは控えめですが、濃い選曲です。
who_is_it_maxi3.jpg
カップリングは、クラシック・チューン、『DON'T STOP 'TIL YOU GET ENOUGH』のリフレッシュ。前に、『JAM』のシングル紹介の時に、マスターズ・アット・ワークのリミックス『DON'T STOP~』が登場しましたが、今回はブラザーズ・イン・リズムが担当したバージョンです。一つのお題に対して、気鋭のリミキサーたちのアイデアを聞き比べ。

最高にクールなジャケ写も人気です。ファン雑誌『OFF THE WALL』のジャケ写人気投票で堂々の第1位。こんなに絶妙に、顔の前にゆるゆるウェービーヘアを垂らすことができるのは、私の知る限り、この人しかいません。革ジャケットもカッコいい!ディスクのプリントも、シンプルですがイメージに合ってます。



5トラックの欧州盤も存在。上の3トラック盤に比べて少しレアです。ちなみに、日本盤は、この5トラックの方の収録内容が採用されています。(右のアマゾンのリンク、上は欧州5トラック盤、下は日本5トラック盤。)

オーストリア盤(UK・ヨーロッパで流通)
Michael Jackson WHO IS IT
( 5099765817982 / カタログNo. 658179 2 )
1992年6月リリース
定価 ?

1. WHO IS IT [7" Edit With Intro] (4:10)
2. WHO IS IT [the Most Patient Mix] (7:44)
3. WHO IS IT [IHS Mix] (7:58)
4. WHO IS IT [P-Man Dub] (7:31)
3. DON'T STOP 'TIL YOU GET ENOUGH [Roger's Underground Solution] (6:22)

オススメ指数
収録内容充実度・・・★★★ 3トラック盤よりリミックスが一つ多い。
ジャケ買い度・・・★★★★★
レア度・・・★★
価格・・・ややプレミア価格に上昇中。人気盤なので仕方ないか。
総合点・・・★★★★ 2トラック分長く苦悩できる。

上の3トラック盤の内容に、オリジナルの音源(エディット)とリミックスが一つ多く入っている形となっています。日本盤も、この5トラックに、このジャケ写です。日本盤はそこそこプレミア価格に上がっているようなのですが、もしかしたら日本盤の方が入手しやすいかな?P-Man Dubにこだわらなければ3トラック盤で十分ですが、あぁ!P-Man Dubもこれがまた、「おちょくられているやるせなさを感じさせるミックス」とでも言いましょうか、なかなか良いんですよ!(笑)



アメリカ盤は、オプラ・ウィンフリーのインタビュー(93年)に出演した際にマイケルが即興で歌ったアカペラ・パフォーマンスから人気が出て、急遽、 『GIVE IN TO ME』に代えてシングル・リリースが決定した経緯があります。
    

マイケル・ジャクソン WHO IS ITアメリカ盤
Michael Jackson WHO IS IT
( 9870744202 / カタログNo. 49K 74420 )
1993年4月6日リリース
定価 

1. WHO IS IT [the Oprah Winfrey Special Intro] (4:00)
2. WHO IS IT [Patience Edit] (4:01)
3. WHO IS IT [House 7"] (3:55)
4. WHO IS IT [Brothers In Rhythm house Mix] (7:13)
5. BEAT IT [Moby's Sub Mix] (6:11)

オススメ指数
収録内容充実度・・・★★★★ 欧州盤をすでに買っていても、絶妙にかぶらない選曲。
ジャケ買い度・・・★★★★★ 何も言えねぇ。
レア度・・・★★★★★ ジャケ写だけでも、誰でも欲しくなってしまうため、軽く争奪戦。
価格・・・プレミア価格に上昇中。3000円プラス送料くらいは覚悟しておいた方がいいかも。
総合点・・・★★★★★

whoisit_usa_maxi.jpgbdd1a255.jpg

ジャケ写はなぜか、欧州リリースの時と別のショットが採用され、こちらも恐ろしいくらいカッコいい1枚。この写真、誰が見ても明らかにカッコいいので、この当時、他にもいろいろなPRショットとして使われていましたよね。マイケルの香水の広告とか、オフィシャル・カレンダーとか、雑誌とかあちこち。

リミックスのセレクションは、アメリカ盤では、「イケイケ悪ふざけ系」のハウス・ミックスに重点が・・・3の「House 7"」とか、どうなんですか??(失笑) ここまでいくと、ふざけ過ぎてほとんどアニメ・ソングというか・・・別に良いんですけど、うーん、いろんな意味ですごい。コメントに困りまくり。Mike, I love you and your music...!!!

カップリングのクラシック・トラックには、『DON'T STOP~』ではなく、Mobyによる『BEAT IT』が選ばれています。このリミックスも、ど派手にやってくれました・・・インパクト大なミックスなので、他のマキシにもたびたび収録されていて、ちょこちょこ出現します。これはたしかに、名ミックスだよね。

全体的に、ヨーロッパではダウン・ローなダーク路線がウケて、アメリカ人にはもっと明るくポップなサウンド・・・ってことだったのでしょうか。ダークで知的な方面が好きな場合、「House 7"」などは、軽くトラウマになりつつも狭い自分の世界が広がりそうで(?)オススメです(?)。

ちなみに、上にリンクを貼ったアマゾンのページでは、カスタマー画像が欧州盤と混同されていて、非常に紛らわしくなっています。カスタマー画像が間違っているだけならまだマシなのですが、運が悪いと、中古品をマーケットプレイスに出品しているセラーが勘違いしたまま間違ったCDを送ってくるということが、けっこうあります。「オプラ・イントロが欲しいのに、白黒ジャケ写の欧州盤が送られて来た!」となると、英語でクレームのメールを書かなくてはいけない上に、精神的に軽くショックなので、心配な場合はオーダーの前に「カタログNo.は確かに*****のディスクですか?」とか、「*****(正確なトラック名)は入っていますか?」など、直接セラーに質問して、自分の意思を明確に伝えましょう。または、商品がはっきり識別できるデータや画像があるオークション、または実店舗で。

バッジを付けた革ジャケットも、女子中学生が貧血を起こしそうなくらいカッコいいですよね!


oprah_michael.jpg
というわけで、『WHO IS IT』の、全・公式ミックスは以下。

Album Version
7" Edit
7" Edit with Intro EU
IHS Mix EU
P-Man Dub EU
Tribal Version
Lakeside Dub
Moby’s Raw Mercy Dub
Patience Mix (The Brothers Patience Mix)
Patience Edit US
Patience Beats
The Most Patient Mix EU
Brothers Cool Dub
Brothers in Rhythm House Mix US
House 7” US
Brotherly Dub
A Cappella
the Oprah Winfrey Special Intro US

のミックスは、アルバム『DANGEROUS』収録おなじみのオリジナル・バージョン。は上に紹介した日本盤、USはアメリカ盤、EUは欧州盤に入っているミックスです。集め切れていないミックスが多数ありますが、たしか、「プロモ盤だけ」とか、「12インチ・ヴィニール(アナログ・レコード)だけに入っているミックス」とかも、けっこうあったような気が・・・うろ覚えでスマン。

  
 拍手する
| マキシシングル図鑑 | コメント(0) | トラックバック(0) | 【2010/07/02 22:05 】 TOP▲
GIVE IN TO ME ~マキシシングル図鑑~ホームWHO IS IT (余談編) ~マキシシングル図鑑~
コメント

コメントの投稿









上の入力事項はすべて公開されます。公開したくない場合は空欄のまま送信して下さい。
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字





コメントありがとうございます。あなた自身の言葉を歓迎します。人から聞いた話や、自分の意見でない場合のコメントには、今一度、あなた自身が責任を持てるかどうか考えてみて下さい。根拠なきあやふやな情報や、関連のない宣伝等の書き込みは削除される場合があります。非公開でコメントを送りたい場合は、メールはコチラからメールフォームからどうぞ。

トラックバック
トラックバックURL : 
前ページホーム次ページ