忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 拍手する
| | 【2017/11/23 22:02 】 TOP▲
1980年『20/20』、シルヴィア・チェイスによるインタビュー。
アメリカABCの番組『20/20』より、1980年のインタビュー。ステージ帰りのリムジンの中といったちょっとレアな映像や、両親、ブラザーたちの言葉、そしてマイケル。後のソロの壮大なスケールの世界ツアーに比べて、この頃のジャクソンズのツアーでは、観客との距離も近く、演出も素朴で、みんな若く、ストレートにパワフル。その分、マイケルのインタビューでの極端に内気そうな一面との対比が際立っています。21、2歳のマイケル、失われた子ども時代や、ステージ以外の場所での寂しさ、ステージへの献身・喜びといった、後々まで変わらないテーマについて話している、代表的なインタビューです。

続きを読む
 >> 続きを読む >>



マイケル 「父はリハーサルを始めるんだ、毎日、学校の後にね。外では他の子どもたちが遊んでて、からかわれたり──僕らはただ毎日リハーサルさ」

ジャッキー 「マイケルはずっといつでもジャクソンズのスターさ。彼はすごいエナジーを持ってるからね」

キャサリン 「マイケルは、今はおとなしいわ。もっと幼かった時は、あんなにおとなしくはなかったもの。わからないけれど、ステージが、彼をあのようにさせてしまったのだと思うの。彼はどこに行っても、みんながマイケル・ジャクソンを見に出てくる。皆、彼がどんなふうだか見たがるのよ。まるでケージの中の動物みたいに感じると、彼は言っていたわ」

マイケル 「いつもそうだよ。いつもそう──僕はすぐに気まずくなっちゃうんだ。僕は他のどこよりも、ステージの上が一番心地良く感じる、ステージの上が世界一ステキな場所だね。毎日たくさんの人やスタッフに囲まれていると、奇妙な感じがするよ。」

──あなたみたいにいつもステージにいると、リアル・ワールドに接することが出来ないという意見もあるわね。
「・・・ある意味、それは真実かもね──ある意味ではね。難しいことだよ、僕の立場では。時々はトライしてみるけれど、みんな僕のことを普通には扱ってくれない、みんな僕のことを違うように見るから。みんな僕に話してかけてくれないよ、隣のご近所さんにするようにはね。」

「ステージの上は・・・ライトアップされて、魔法だよ。」

──やめたいと思う?
「ノー、みんながもうたくさんだって言わない限り、ドント・ストップさ。絶対に、絶対にやめないよ。」

「ステージの上で生きてきて僕が一番好きなことは、人々を幸せにすることなんだ。僕は理由があってこの地球に生きてる、そしてそれが僕がやるべき仕事なんだ。もう長い間、僕はそうやってきたし・・・みんなが楽しんでくれる限り、僕はずっとハッピーさ。」
 拍手する
| 発言、インタビュー/音声あり | コメント(0) | トラックバック(0) | 【1980/01/10 22:26 】 TOP▲
1982年、雑誌『Interview』、キング・オブ・ポップが二人。Part.4ホームShe's Out Of My Life (邦題 『あの娘が消えた』)
コメント

コメントの投稿









上の入力事項はすべて公開されます。公開したくない場合は空欄のまま送信して下さい。
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字





コメントありがとうございます。あなた自身の言葉を歓迎します。人から聞いた話や、自分の意見でない場合のコメントには、今一度、あなた自身が責任を持てるかどうか考えてみて下さい。根拠なきあやふやな情報や、関連のない宣伝等の書き込みは削除される場合があります。非公開でコメントを送りたい場合は、メールはコチラからメールフォームからどうぞ。

トラックバック
トラックバックURL : 
前ページホーム次ページ