忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 拍手する
| | 【2017/09/25 22:22 】 TOP▲
2005年3月、Jesse Jackson師によるインタビュー。Part.4
Part.3 からの続き Part.4 「僕は言ったんだ、僕は彼らに無視されるのはお断りなんだ、とね──『スリラー』を生み出したものは、その時の、まさに落胆と痛みだった。」


 Rev. Jackson interviews Michael Jackson part.4(インタビュー音声、MP3)

Michael: ──それは僕にとって重要なポイントだったんだ、なぜなら、僕はちょうど映画『ウィズ』があって、僕は自分自身をもっと表現したかったんだ、作曲家として、アーティストとして、自分自身の音楽を書いて、音楽をやりたかった、すべてを作り上げたかったんだ。で、クインシー・ジョーンズ、僕は彼がずっと好きで──僕は幸運で、彼と一緒に仕事したんだ、僕はこの人が大好きだ、彼はとても才能豊かだ。僕はこの時、『Don’t Stop Til You Get Enough』とかね、『Shake Your Body to The Ground』、『Billie Jean』、『Beat It』、これらの曲を書いていた。これらの曲はすべて、この時に書かれたんだ。それで、僕はまさに、アーティストとして自分がやりたいことを精神的ゴールとしていたんだ。僕にとって最高の時だった、アルバム『Off The Wall』でグラミーを獲得した時期は。でも、僕はハッピーじゃなかったんだ。僕はそれよりももっと、やりたかったからね・・・僕はそれの受け入れられ方に満足じゃなかったんだ、それは大大成功だったにもかかわらずね。それは当時のソロ・アーティストの最大セールスのアルバムになったし、1000万枚を超えたし、それから、あぁ、黒人のソロ・アーティストとしてね。で、僕は次のアルバムにはこう言ったんだ、僕は彼らに無視されるのはお断りなんだ、とね。で、その時、僕はアルバム『スリラー』の作曲に望みをかけた、僕は本当に言ったんだ、僕は・・・
続きを読む
 >> 続きを読む >>



Rev. Jackson: 何が、何が『スリラー』を生じさせたのかな?

Michael: 失礼?

Rev. Jackson: 何が『スリラー』を生じさせたのかな?

Michael: 『スリラー』を生み出したものは、その時の、まさに落胆と痛み──僕はエンシノという地域に住んでいたんだけど、落書きで「ディスコ最低」とか、ディスコがどうだ、ディスコがこうだ、と書かれているのを目にしたものさ。当時ディスコは、人々を躍らせてくれるただハッピーなものだったんだけど、すごくポピュラーだったから、うーん、社会はそれに反対するようになってきたんだ。僕は言った、僕はこれからすごいアルバムを作る。僕はチャイコフスキーのアルバム『くるみ割り人形』が大好きだから。それはどの曲もすべてグレイトな曲のアルバムなんだ。僕はどの曲をとってもヒット・レコードのようなアルバムをやりたいと言った、それがまさにヒット作『スリラー』を生み出して・・・僕はあのアルバムを作って、それが歴史を作った、ギネス・ブックがそれを史上最大セールスのアルバムに認定したし、いまだにそうなんだ。で、僕はそれが頂点だと言ったし、それは──僕はある程度の絶頂に到達したし、そう思ったけれど、それでもなお、その後も喜んでいなかったんだ。僕は常に、もっと、もっと、やりたいと思っていて、それから・・・

Rev. Jackson: そして君は・・・

Michael: ・・・『ヴィクトリー・ツアー』がやって来た。

Rev. Jackson: 君は手を差し伸べた、これは『ヴィクトリー・ツアー』に行く前だけれど、死に直面している人々の大変な危機があって、君はその名声を用いてアーティストを集め、『We Are The World』を作った。

Michael: イエス。

Rev. Jackson: それはどんなふうだったの?

Michael: 『We Are The World』はグレイトなプロジェクトだった。なぜなら・・・クインシー・ジョーンズが僕に電話してきて、僕に曲を書くよう頼んだんだ、アフリカで進んでいた荒廃のためのね。エチオピアはとてもひどくやられていたんだ、で、そこの人々への僕の愛を彼は知っていたんだ、なぜなら僕はいつもアフリカに行っていたからね。僕はその文化が大好きで、その人々が大好き、彼らが体現するものが大好きなんだ。それで、僕は、この曲をまとめるんだけど、彼は、ライオネル・リッチーに君の助けになってもらおう、と言った。それで、ライオネルがやって来て、僕たちはスタートしたんだ、ほら、アイデアを出し合ったり。僕たちは多くの時間、話をしていたんだ、僕たちはホントに良い時代を追いかけたからね、なぜなら僕はライオネル・リッチーを何年も何年もずっと知っていたから。それで、ライオネルと僕は、色々と一緒にやったんだけど、僕はそれに完全には満足じゃなかったから、その後で、僕は自分でスタジオに入って、それをほとんど仕上げて、完成させて、ひとまとめにして、全部の音楽をやって、すべてをまとめ上げて、提出した。クインシーはそれにとても感銘を受けて、彼は、これぞまさに私たちがこれからやろうとする曲だ、と言った。そして僕たちは曲を出して、それは史上最大セールスのシングル曲になったし、たくさんのお金を集めた。それは『USA For Africa』といって、僕たちは、その問題に対する世間の認識を高めたんだ。アフリカ救済のためで、素晴らしいことだった。僕たちは一定割合をアメリカに、そして大部分をアフリカに行くように配分した。グレイトな、グレイトなことだったよ。

(CMブレイク)

Part.5 に続く 

 拍手する
| 発言、インタビュー/音声あり | コメント(0) | トラックバック(0) | 【2005/03/29 02:41 】 TOP▲
2005年3月、Jesse Jackson師によるインタビュー。Part.3ホーム2005年3月、Jesse Jackson師によるインタビュー。Part.5
コメント

コメントの投稿









上の入力事項はすべて公開されます。公開したくない場合は空欄のまま送信して下さい。
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字





コメントありがとうございます。あなた自身の言葉を歓迎します。人から聞いた話や、自分の意見でない場合のコメントには、今一度、あなた自身が責任を持てるかどうか考えてみて下さい。根拠なきあやふやな情報や、関連のない宣伝等の書き込みは削除される場合があります。非公開でコメントを送りたい場合は、メールはコチラからメールフォームからどうぞ。

トラックバック
トラックバックURL : 
前ページホーム次ページ