忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 拍手する
| | 【2017/07/23 23:33 】 TOP▲
唐突に、新コーナーのスタートです。MJマキシコレクション。予告
マスク・オブ・マイケル・ゾロ6月に入り、MTV JAPANでもマイケル祭が始まったり、雑誌や各種メディアでの2周目の「弔い合戦(商戦)」が再び活発になってきた今日この頃。いろんな場所でマイケルの作品やゴシップに接せられて、シンプルに嬉しいな~と感じる人もいるでしょうし(それはそれで良いんですよ!)、正直言って少々グッタリ、相変わらずの無知とセンセーショナリズムに辟易・・・という人もいると思います。

いずれにせよ、この6月は何かとナーバスになってしまいそうというファンの方が多いことは知ってますし、
続きを読む
 >> 続きを読む >>



でも、そういう多くの皆さんは無理にでも笑顔を見せなくちゃ、と空元気を振り絞ってしまいがち、ということも知ってます。で、かくいうミラも、その空元気のエネルギーを、ただ消耗してしまうのではなくて、何か有効利用できないか──愚痴や、知ったかぶりの自己満足評論ではない、何か、他のみんなと楽しく分かち合えるような──と、ずっと考えつつ、思いついた順にいくつか記事を載せてきた結果、成り行きで、インタビューやスピーチといった「マイケルの喋り」に関する部分のウェイトが大きくなってきました。

実は本当は、当初このブログを「MJインタビュー和訳サイト」にするつもりは全然なくて、でも現に今のところは、その部分が一番皆さんに喜んでいただいているようなので、それはそれでGOOD. マイケルは喋りも楽しいから、自己満足もしつつ。

ところで、いつも素晴らしいコメントやメールを、皆さんどうもありがとうございます!うっかり自慢の管理人、なかなか時間が取れず、すべてに返信を書き込めないのが申し訳ないのですが、誰かに「ありがとう」とか「自分はマイケルが好きで、ついでにこのブログもまぁまぁ好きだ」とか言ってもらえることを、私は当然のことだなんて、まったく思いません。

だから、心から、Thank you sooooo much...
で、そういった励ましや、時にはネガティヴなメッセージも含めて色々とお便りを頂くなかで、予想外に多かったのが、「質問」、しかも・・・なんというか、すごく困ってしまうような内容の

なかには、本当にただただビックリするような、信じられないほどの痛ましい内容のメールもけっこうあって、二次被害を広げたくはないので引用はもちろんしませんけれど、まぁ、分かるよね?「『マイケル・ジャクソンが******』って、誰某が言ってました、それって本当ですか?」的な。

その手の、痛みに満ちた質問メール──「質問」を通り越して、ほとんど「助けて下さい」に近いものまで、かなりあります──に、的確な回答を与えられるのは、おそらく私や他の評論家やソニーの連中ではなく、マイケル自身の言葉だと思います。そういう意味で、インタビューやスピーチは、間接的&直接的に、質問への答えになっていると思います。
(でもちょっと待って、そんなふうに言うと、またどこかのうっかりさんが、「イェー、彼は神だ、神の言葉が一番、それしか信じない、神に任せておけば万事オーケイ」みたいな回路のことを言い出しかねないので、ちょっと心配なんだけど・・・)

ええっと、はい。
ここまではただの長い前置きです(えええ!笑)。
インタビューのインデックス工事も徐々に進み、以前よりはずい分とマシな使い勝手になったところで、今月からしばらく、当サイトもマイケル祭いきましょう!
とはいえ、ファンが集ういろんな場所でさまざまな企画がいっぱいあって、そういうビッグな催しには、ここは到底かなわない零細サイトなわけで。華やかなパーティは大きなグループにお任せ・・・当サイトでは、地味に こつこつ 細かすぎてウケる相手を選んでしまいそうなやつ。 (それって祭なのか??)

じらして期待させ過ぎて、ネタばれのとたんにしぼんじゃうとアレなので、もう言っちゃう。

マイケル・ジャクソン マキシ・シングル大特集

これはですね・・・なんとなく、野郎向きの企画。特に、90年代から00年代にかけてCDショップに入り浸って、CDアディクションとでもいうか、「最近の若いモンはダウンロードばっかりで、CDを買わなくなっちゃったよね・・・」などと言い出しかねない、一昔前の「若いモン」の皆さん!Me too!!!

でも、実はこのジャンルに関する質問のメールもけっこう来ていて、たとえば、「マイケルの『リメンバー・ザ・タイム』の、アルバム・バージョンではない聴き慣れないリミックスをクラブで聴いたのですが、何というミックスでどのディスクに入っているのでしょうか?」といった系統の質問です。その手の疑問に役立つデータベースは、海外のサイトではとても充実したコンテンツが多数ありますし、国内サイトでもきっと探せばすでにどこかにあるのかな?と思いますが、当サイトにも「商品レビュー」の一ジャンルとして拡充していこうという魂胆です。

うーん・・・「ワーォ!」と食いついてくれそうな層と、「ピンと来ない」って顔の層がありそうな、この危うい新企画宣言・・・
まぁ、地味にね。あぁ、祭とか言わなければよかった!

実店舗のレコード・ショップになじみが薄い今の若い世代や、マイケルに関してはファン歴がまだ浅くて、何か面白いものを集めたいんだけれど、オークションでは詐欺師に海賊版を掴まされそう、あるいは、良質のレア物はどうしても値段が高くてイヤになっちゃう・・・とか、そういうファンの方たちにも何か役に立つような情報を載せていければいいな。

久しぶりに喋りすぎました。明日からは本編、地味に、クールに客観的にいきましょう!
それでは、楽しみな人だけ、お楽しみに!
 拍手する
| マキシシングル図鑑 | コメント(0) | トラックバック(0) | 【2010/06/03 00:18 】 TOP▲
マキシ・シングル・コレクション ~イントロダクション~ホームマイケル、スタン・リーのアニメ・スタジオを訪問。2000年ごろ。
コメント

コメントの投稿









上の入力事項はすべて公開されます。公開したくない場合は空欄のまま送信して下さい。
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字





コメントありがとうございます。あなた自身の言葉を歓迎します。人から聞いた話や、自分の意見でない場合のコメントには、今一度、あなた自身が責任を持てるかどうか考えてみて下さい。根拠なきあやふやな情報や、関連のない宣伝等の書き込みは削除される場合があります。非公開でコメントを送りたい場合は、メールはコチラからメールフォームからどうぞ。

トラックバック
トラックバックURL : 
前ページホーム次ページ