忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 拍手する
| | 【2017/07/23 23:37 】 TOP▲
まもなく EARTH SONG ~図鑑の前に、クイズの時間です~
EARTH SONG - Michael Jackson寄り道が続いて、マキシシングル図鑑、ちょいと更新ペースがスローダウンしていますが、ご心配なく、夏バテでも「更新疲れ」ってわけでもなく・・・EARTH SONG!!! この偉大な曲について、正直に言うと、またもや小話が多くなりそうで、ちょっとばかりビビってるわけ! みんな大好きな曲だからね・・・
続きを読む
 >> 続きを読む >>



今、地味にせっせと記事を編集中。間をもたせるために、今日はなんともベタな! 突然ですが、クイズです。

この曲はご存知のとおり、昨年の映画『THIS IS IT』のなかでも大きくフィーチャーされており、THIS IS ITツアーでのマイケルのメッセージの核とも言える重要な曲でした。そういうこともあって、ファン初心者の方々にとってもおなじみの「ベスト盤曲」の地位に上った1曲ではないでしょうか。ところで、2009年に初めてマイケルのCDを買った、というような若いファンの方々で、一気にどハマリ状態でマイケルとその作品に恋してしまった!猛勉強したんだから、ミラさん!ファン歴は短くとも、無駄に年だけ食ってるあ~たになんぞ負けないくらい、あちしもMJ小話、トリビア、カルトクイズ!!めちゃ詳しく知ってるんだからね!・・・という愛くるしい方々が、このところちらほらと増えてるような気がします。ヘイ、すごいね、なんでそんな話知ってるのって感じで、ビックリさせられたり・・・ それで、ふと、クイズでも出したい気分になりました。

そうですねぇ、初級編ってことで・・・ What about...those things??



Q1 大勢の子どもコーラス隊をバックに劇的に歌い上げる『EARTH SONG』のライブ・パフォーマンスは、90年代のマイケル・ジャクソンのステージ伝説の代表的な一幕です。では、マイケルがこの曲のパフォーマンスも行った1996年の『ブリット・アワード』授賞式で、UKのバンドPULPのフロントマン、ジャーヴィス・コッカーが取った、衝撃の行動とは?

1. MJそっくりムーンウォークを披露   2. 「MJにノーベル賞を!」とスピーチ
3. MJパフォーム真っ只中のステージに乱入   4. 生肉ドレス

※誤記載訂正。『ワールド・ミュージック・アワード』とうっかり書いてしまいましたが、この出来事が起こったのは、正しくはイギリス最大の授賞式『ブリット・アワード』。同年の『ワールド~』でもマイケルは同じ演目をパフォームしています。



Q2 実はこんなCDにも収録されてます・・・この曲『EARTH SONG』は、発表当時の95年、世界有数の環境先進国であった「ある国」で特に人気を博し、大大大ヒットしました。ヒント出し過ぎ!どこだっけ?

1. WINTER FLAME (1998冬季オリンピック公式式典曲・スポーツ・マーチ集)
2. UNITY (2004オリンピック公式ポップ・アルバム)
3. VOICES (2006FIFAワールドカップ公式アルバム)
4. LISTEN UP! (2010FIFAワールドカップ公式アルバム)


EARTH SONG - Michael Jackson
ワォ、いきなり全問正解(笑)
もっと難しい問題、考えとかなくちゃ。
正解者には、バッチリかっこいいマイケルのスマイルをプレゼント。ちなみにシングルのジャケ写は、これと同じ時に撮影されたと思われる「おすまし顔」ショットで、ぼろぼろ上着を脱いでいます。あれもジャケ買いの1枚でしたよね!
(一応、正解はコメント欄に。)

ぼろは着てても心はマイケル・ジャクソン! 着ても着てなくてもマイケル・ジャクソンはマイケル・ジャクソン!
次回こそ、マキシシングルです では!
 拍手する
| 思い出、つぶやき、小ネタ。 | コメント(1) | トラックバック(0) | 【2010/09/18 23:26 】 TOP▲
EARTH SONG (1/2) ~マキシシングル図鑑~ホーム1995年、写真で振り返るMTV VMAの思い出。
コメント

クイズの答えです。

Q1の答えは・・・ 3

60人の子どもたちと一緒にパフォーマンス中のキング・オブ・ポップのステージに、ジャーヴィス・コッカーが突然乱入するというハプニングが、96年のブリットでありました。混乱で子どもたちが転んだりする可能性もあり、マイケルはとっさに子どもたちをかばいました(幸い、ケガなどの大きな事故には至らなかった)。

「宗教劇を思わせるような『EARTH SONG』パフォーマンスに対して、激しい違和感を抱いたため」とか、「単に目立ちたかったため」とか、「とにかく恥さらしの大バカタリ」とか、コッカーの行動にはさまざまな理由が挙がりましたが、後に、マイケル本人は、コッカーの行動についてどう思うかと聞かれて、一言こう答えています。「あれは、嫉妬だよ」

この話はけっして「良い話」ではありませんが、90年代のマイケルに対する、オーディエンスの熱狂的な愛と混乱・反発の強烈な乱気流を象徴するような、印象深い一幕でした。ちなみに、ジャーヴィス・コッカーやPULPは、才能もあり、根は悪いヤツじゃないので、2010年現在でも、UKをメインに、なかなかの人気を保っています

Q2の答えは・・・ 3

1は長野冬季五輪(日本)、2はアテネ五輪(ギリシャ)、3はW杯ドイツ大会、4はW杯南アフリカ大会。これら世界最大規模のスポーツイベントでは、毎回、公式アルバムが出され、音楽も、人々をつなぎ大会を盛り上げる大切な要素となっています。

『EARTH SONG』は、出た当時の1995年、すでに高い環境意識が定着していたヨーロッパ(特にドイツ界隈)で爆発的に大ヒット。逆に、エコロジーよりも目先のエコノミーが大好きで、当時はいまいち環境対策に乗り気でなかった別の方面の地域では、ヒットどころかシングルカットさえされなかったという温度差が。

近年の五輪・W杯は、「環境との調和」が、開催のための絶対的な条件となっており、『EARTH SONG』の当時としては先進的な精神が、ようやく全世界的な共通認識になりつつあります。ちなみに、2006年ドイツ大会のアルバム『VOICES』の選曲者は、UK・SONYの人気プロデューサー、サイモン・コーウェル(TV番組『アメリカン・アイドル』や『The X Factor』の審査員としても有名)。
| 管理人ミラ | URL | 編集 | 【2010/09/22 12:13】 TOP▲

コメントの投稿









上の入力事項はすべて公開されます。公開したくない場合は空欄のまま送信して下さい。
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字





コメントありがとうございます。あなた自身の言葉を歓迎します。人から聞いた話や、自分の意見でない場合のコメントには、今一度、あなた自身が責任を持てるかどうか考えてみて下さい。根拠なきあやふやな情報や、関連のない宣伝等の書き込みは削除される場合があります。非公開でコメントを送りたい場合は、メールはコチラからメールフォームからどうぞ。

トラックバック
トラックバックURL : 
前ページホーム次ページ