忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 拍手する
| | 【2017/09/25 22:12 】 TOP▲
1/6編集長の憂鬱。 It's all about money...
1/6編集長の憂鬱。 It's all about money...白状すると、隊長・アンジェロ J. 1/6世は、ここ数日、とーっても悲しい。あまりにも気分が沈みそうで、反動で、自分の好きなアニメのキャラでトップページを埋め尽くす勢いだ! 逃避と責められても仕方のないところだが、ともかくそれが今の彼の心境のようだ。

(本日は、皮肉や暗喩がいっぱいの、回りくどい寓話調でお送りいたします。ファン初心者の方や若い方には、少し分かりにくい文章かもしれませんが、許してね。報道調で淡々と、現在起きている動きを伝えた方が良いのだろうかと迷ったりもしましたが、やめました。ばかばかしいので。音楽に対する芸術的評価以前の低レベルな問題──レコード会社やファミリー周辺の主導権争い、販売戦略、パブリックの反応、煽るメディア──が、あまりにも多い。それらの話はここでやらなくても、知りたい人はすでに他で情報に接していると思います。何よりも、できるだけ、誰のことも罵りたくないんだよ、こう見えてね!)
続きを読む
 >> 続きを読む >>



かねてから噂のあった、WackoJacko氏の「世界待望のニュー・アルバム」なるものが、冗談だと願っていたのにホントに売りに出されるという話題。「新曲」なるものが、世界中の Breaking News を駆け巡ってる。ブラック・ジョークとしては、最上級のできばえです。恐ろしいほどのね。

1/6隊長は、内心で認めたくないとしても、自分自身がある意味では、悪名高き Wacko Jacko氏と同様の──幻想の──存在であることを理解している。そして、フェイクがリアルを食い尽くす悲劇を、これまでに一度ならず目撃してきた。実に痛ましい記憶です。だから、我らが1/6隊長は図体こそ小さいが(身長約31cm)、それらの教訓や自責の念からも、彼なりに責任感・良心・信念を感じている。彼にはすでに、アイデンティティがあるのだ。

隊長は元来、芸術を愛する人間(人形!)だ。芸術、というのは、「真理を追い求める姿勢そのもの」を意味する。だから、目先の金儲けのためだけに派手に飾り付けられた実体なきハリボテには、うんざりこそさせられるし、悲しくもなるけれど、それ以上に、「相手にしたくない」「関わりたくない」「ケンカする気にさえならない」というのが本音だ(どうせケンカの相手をしてやったところで、それは相手の思うつぼなのだ。ホンモノvsニセモノ? Oh come on, そんなことは、どっちだって結局一緒だ。乗せられて巻き込まれちゃダメだよ。物議を醸し、騒いで注目を集めて商品を売る。あとは野となれ山となれだ! 「彼ら」からすれば、「どうせ自分の作品じゃないんだから」、何をどうこき下ろされようと痛くも痒くもない。ノルマの枚数を売りさえすればいいのだ)。

Wacko Jacko のニューアルバムや新曲について、このブログがここしばらく、幼稚なほどに知らんぷりを決め込んできた理由も、そういうこと。このブログでは、じっくりお喋りしたいマイケル・ジャクソンの素晴らしい名曲についてのアレコレが、まだまだ順番待ちしていて、ゴシップやなんちゃらバトルや不毛な議論をいちいち取り上げる価値はない、隊長はそう判断を下した。そういうものが読みたい人のためには、別のニュースサイトやタブロイドサイトが、実に充実した情報を日夜懸命に垂れ流してくれている。ここじゃないよ。今ここで、ある程度こうして我々は見解を表明しているわけだから、これ以降、また「知らんぷりモード」に入ると思うよ。そうしないと、編集長が「アニメ部屋」から出て来なくなってしまうのだ!

Remember... 幻想妖怪 Wacko を生かすも殺すも、私たちの気持ちひとつだよ。ヤツ自身には、生きたソウルはないんだから。ゾンビみたいなヤツだ。背後で、金を儲けたい生身の人間たちが色々やってるんだってことを忘れないで。たいていの場合、一番怖いのは妖怪じゃなくて人間の方だ。

By the way, Thank you, will.i.am... Thank you Quincy... 彼らの言葉は率直で、勇気づけられるね。音楽業界には、恐ろしい人食いザメがいっぱいだ、でも何人かは、音楽的才能とともに、信念を持ち続けていると見える。ありがたいことだ。昨年以来、マイケル・ジャクソンの新曲が、永久に聴けなくなってしまったことはただただ残念ではあるけれど、私たちは元来、前向きな人種のはず。良い音楽は、消えて無くなってしまうことはない、けっしてね。次の『くるみ割り人形』、次の『スリラー』、次の『インヴィンシブル』、次の超!素晴らしい音楽が、必ずまたどこかの若き天才のひざの上に落っこちて来ると、信じているよ。

それまでは、ほら、すでに最高の音楽がいくらでもあるよ・・・マイケルジャクソンの音楽を聴いて楽しもう!
 拍手する
| 思い出、つぶやき、小ネタ。 | コメント(3) | トラックバック(0) | 【2010/11/09 23:39 】 TOP▲
『ONE MORE CHANCE』、7年前の未完成フィルム到着です。ホームDVDセット『Michael Jackson's Vision』、リリースのお知らせ。
コメント

無題

本当に!売るため、の策略だと思います。そして何よりも、MJのOKは出ない。思い知らされました。。。どんどん寂しくなってくるなんて、思ってもみなかった、昨年の今頃までは。
それからマキシシングル図鑑、楽しみにしています。ミラさんのコメントを見て、Earth Songは持っていたのに、Megamix欲しさに2枚買い足しました。DMCのほうはもう、楽しくて聞くたびニヤニヤしちゃう。Megaremixも、Billie Jeanのところなんかかっこよくて力が抜けちゃう。ほんとにありがとう。ミラさん、そしてマイケルさん。
| you | | 編集 | 【2010/11/10 22:12】 TOP▲
コメントありがとう、youさん。
イエー! Earth Song の DMC は、やっぱりね。アレは、笑わそうとしてるよね?(笑) 私も好きです。
Wackoくんのアルバムも、「リーク音源を利用したリミックス・アルバム」ととらえれば、案外、悪くないかもしれないけどね・・・まぁ、そゆこと!
| 管理人ミラ | 【2010/11/12 17:17】 TOP▲

無題

みらさん ありがとうございます

なんだか、これ読んでて、涙、出ちゃいました。
マイケル・ジャクソンの新曲は、もうホントに聴けないんだ。
その現実を突きつけられて......でも、精魂込めてマイケルが残してくれた曲たちが、私たちを癒やしてくれますよね。

本物だ。偽物だ。血迷うように争うのをマイケルは今頃、どんな風に見てるんでしょう。
私も今、目が覚めました。
| ぽちょ | | 編集 | 【2010/11/11 00:19】 TOP▲
ぽちょさん、コメントありがとう。
MJの曲は、「10曲ポイして、ようやく『コレだ!』と思えたものをレコードに入れる」が基本でしたから、(だからレコード会社は相当頭にきていたんですが)、どの曲もすごく精錬されてる。いつまでも聴く価値がありますよね・・・どの曲も、聴くたびに新しい発見がある。だから、マキシ図鑑を書くもの大変だよ、聴くたびに改訂しなくちゃ!(笑)
| 管理人ミラ | 【2010/11/12 17:34】 TOP▲

無題

こんにちは。いつも欠かさず見せていただいていてます。何度かコメントさせて頂いた事もあるのですがその時の使用した名前を忘れました。すみません。今回”まお”でコメントします。
私は亡くなった後にファンになりました。マイケルの事を何も知らなかった私はそれからは寝食忘れてマイケルの情報を集める日々。
当初はマイケルへの知識が増えていくのがうれしくてそうしているのがとても楽しかったのですが、その内にだんだんそれは苦痛へと変わっていきました。マイケルのニュースなら何でも知っていないと気がすまなくなっていったのです。
知らない情報があるとすごく焦って、でも毎日溢れる大量の情報をとても読み切れず、でもこのニュースはまだ読んでないから読まなくっちゃと必死になり、疲れ果て、・・と大好きなマイケルで楽しいはずが全く違うものへと変わっていきました。
こんなの変。私はマイケルの事が大好きなはずなのに。。。
そこで考えてそれからは何でも読むのはやめ、私にはこの情報は必要ないと思ったら読まないようにするようにしました。
知らなくっても良いと思うようにしました。
なので最近はお家騒動やレコード会社やエステート関係などはほとんどスルーです。
だって読んでも誰彼があぁ言った誰彼がこう言ったとかの内容で、そうして結局は真偽の程は定かではない。
本当か嘘か分からない事をいくら読んでも何の得もないし時間の無駄っていう事がやっと分かってきました。(すみません。遅すぎですね。マイケルはいつも読まないでって言ってましたよね)
そうするようになってからとっても楽になりました。呪縛から解かれたような。
それから自分の時間が増えました。本を読む時間や他の趣味をする時間が。マイケルも僕の事にかまけて他の事をほったらかしちゃダメだよ、しなくちゃいけない事が沢山あるよって言っている気がします。
それかもう一つ。今までだったらマイケル物が何か発売されたら何でも欲しかった。踊れされているようにすぐ予約したり買ったりしてました。(そして後悔した物も多々)
それもこれは私には必要ないから購入しないとか、何でもすぐ予約するのではなくこれは発売されてから内容をキッチリ把握しぞの上で必要と思えばそれから購入しようとか思えるようになりました。
なのでDVD「マイケル・ジャクソン VISION」は購入しません。ほとんど持っているし初収録物もあるようですがその為にほとんどが重複するのを購入するのはもったいない。(アーティストとして作品が沢山売れるのを望んでいたのは別として)マイケルはこのもったいないを本当に望んでいるのしょうか。
ニューアルバム「MICHAEL 」も予約していません。情報も少ししか出ていないし錯綜しているし、なので今の時点で情報を読んでも意味がなさそうなのであまり読んでません。なのであまり詳しく知りません。発売されてからゆっくり内容を把握しその上で購入したければ購入しようと思ってます。それからでも別に作品は逃げて行きませんもんね。マイケルの曲。聞きたいのは山々なのですが。
(もちろん重複しても初収録物がぜひ欲しいという方や、マイケルの未発表曲をぜひ聞きたいという方を否定するものではありません。それは個人個人違って当たり前です。上記はただ単に私個人の今の考えです)
長々とすみませんでした。
でも今回の記事を読ませてもらって何か最近感じていた事と重なる物があったので1/6隊長に聞いてもらいたくなってしまいました。1/6隊長、長いお時間とらせてすみませんでした。
私は今ホットトイズのBAD人形がとても欲しいのですがこちらで隊長とお会いするようになってから1/6隊長の魅力にも目覚めました。
1/6隊長はまた別個の魅力があります。爽やかなそよ風みたいな感じでありつつクール、でも甘い。
1/6隊長これからも登場楽しみにしていますネ。
| まお | | 編集 | 【2010/11/11 00:51】 TOP▲
まおさん、コメントありがとう。
まおさんのような、新しいファンの「ファン疲れ」「広告振り回され疲れ」「マイケル・ジャクソンうつ」のようなメールやメッセージは、実をいうと、私は以前からかなりの人数、受け取っています。だから、まおさんと同じような気持ちや経験を共有する人は、かなり多いんじゃないかな・・・私もよく分かりますよ! 丁寧に書いてくれてどうもありがとう。(そういう段階は、誰にでもあるもので、ハッキリ言うと、レコード会社のマーケティングにも「ファン心理の動向分析」のような手法指針があって、商品を投入するタイミングや商品の性質を細かくターゲットしているんです。)


アテンション・プリーズ・・・編集長から一言、どうしても緊急声明を出したいそうです。おおげさな人ですね。私、管理人ミラが代理でお伝えします。

1. コメント、メール、メッセージをくれたみなさん、鼻で笑った読者も含めて、THANK YOU SO MUCH...!!!

以上です。

また、これは非公式にブツブツとつぶやいていただけの言葉ですが、「自分が日々の小さい出来事でいちいち心を痛めてアニメ部屋に閉じこもるようなヤワな男だと、読者に勘違いして欲しくない。それに、読者に痛みを押しつける男だとも絶対に思われたくない。そもそも、強がりでも何でもなく、痛くなんか全然ないんだから」と申しておりました。実際、「アニメ部屋」なんて無い、自分はそこで仕事したり、ジェームズ・ブラウンを観てることだってあるのだ、それは実写だ、偉大なパフォーマーだ。記者諸君、誤解を与えるような言い方は、この期に及んで巌に慎んでくれたまえ、と言っていました。すみませんでした。

ともかく、これだけいきまいているということは、私が思うに、我らがマスコット隊長は、みなさんの温かく力強いレスポンスの一つ一つから、ダイレクトにエネルギーをチャージされてやる気満々。とーっても元気になって、細か過ぎることにまでいちいち嬉しがっている様子です(ところで、隊長のことを「そよ風のようにクールでスウィート」と評している読者がいました、と伝えたところ、たいへん喜んで、少々奇妙なムーヴを見せていました。たぶん照れていたのだと思います)。
| 管理人ミラ | 【2010/11/12 17:50】 TOP▲

コメントの投稿









上の入力事項はすべて公開されます。公開したくない場合は空欄のまま送信して下さい。
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字





コメントありがとうございます。あなた自身の言葉を歓迎します。人から聞いた話や、自分の意見でない場合のコメントには、今一度、あなた自身が責任を持てるかどうか考えてみて下さい。根拠なきあやふやな情報や、関連のない宣伝等の書き込みは削除される場合があります。非公開でコメントを送りたい場合は、メールはコチラからメールフォームからどうぞ。

トラックバック
トラックバックURL : 
前ページホーム次ページ